立花クリニック

松山市立花の肛門科,内科,外科,消化器科,麻酔科 立花クリニック

〒790-0966 愛媛県松山市立花3丁目3-25
TEL 089-987-6680

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

ED・薄毛 男性の悩みに応えます

EDの治療
 

最大の特徴は、36時間と長く効き、食事は関係なくいつ飲んでも行為可能 、という今までにない自由度の高さです。

予約不要・早い院内処方・薬代以外は無料です

シアリスの他、バイアグラ、レビトラも処方しています。

シアリス  10mg 1850円   シアリス  20mg 2570円
 
レビトラ           10mg 1850円   レビトラ    20mg 2570円

バイアグラ       25mg 1350円 バイアグラ 50mg 1850円

シルデナフィル 50mg 1000円  ザルティア   5mg  650円


シルデナフィルはバイアグラのジェネリックです

ザルティアはシアリスの用量が半分の製剤です。2錠の服用でシアリスと同等の効果があります。



※表示金額は税込です。

 

シアリス処方の流れ・処方料金

予約は不要です。受付では「自費で。」と、お申し付け下さい。健康保険証は不要です。
診察室の机の上には「シアリス」と書かれた時計がありますから、「コレ。」と、指さしてください。
簡単な問診と服薬方法の説明の後、何錠からでもその場で処方します。
院内処方ですから来院されて10分くらいで、すぐ持ち帰れます。
もちろん、薬局に処方箋を持っていく必要もありません。
初診料などは無料なので、シアリス10mgを1錠処方の場合 1850円(税込)のみです。
最初のシアリスの処方には来院が必要です。電話だけでは処方できません。

シアリス専門外来
完全予約制・医師のみが応対します。
シアリスを試してみたい。しかし、病院で受付の女性や看護婦さんと顔を会わせるのは、やはりツライ・・・という声にお答えして、通常の診療時間外に、完全予約制でシアリス専門外来を行っています。

シアリス外来 月、火、木、金曜日 18時から19時、水、土曜日 12時30分から13時30分 
診察料 初診5500円 再診3500円 
ご予約はお問い合わせフォームから 診療希望日時、お名前、初診の方は住所、生年月日をご記入ください。折り返し、メールを差し上げます。

※表示金額は税込です。
 

 

遠隔診療が可能になりました。再診の方のみですが。
忙しくて受診する暇がない時などにスマホで診療を受けることができます。

  1. スマホ診療アプリcuron(クロン)を無料でダウンロードします。                                                                               

  2. アプリを起動し、下記のQRコードを読み取るか、機関コード「5e80」を入力して、立花クリニックを登録してください。当院で2-3日以内に本人確認をしてご連絡します。本人確認は初回利用時のみです。

  3. 問診等にお答えいただき、必要な薬と錠数をご記入ください

  4. 明細を確認し、クレジットカードで決済してください。お取り扱いはです。決済終了後にお薬の発送手続きをします。お薬をご登録の住所でお受け取りください。宅配便はクロネコヤマトです。

  5. ご注意

    1. 当院にご来院される場合よりもお薬の値段が少し高くなっています。

    2. 遠隔診療システムの利用料がかかります。お薬の送料はこの利用料に含まれます。

    3. 発送者は「立花クリニック]、内容は「医薬品」と記載されます

    4. 決済から発送までは通常1―2日ですが、当院の休診日は発送ができません。週末や年末年始、お盆、ゴールデンウィークは発送までに時間がかかります。 

    5. 受け取りの日時指定、場所指定はできません。発送後にクロネコヤマトの追跡ナンバーがクロンから届きます。

    6. 発送後のキャンセル、返品はできません。
      テキスト ボックス: お薬代(税込)
ザルティア      5mg   670円
シアリス      10mg	1920円
20mg	2670円
レビトラ       10mg	1920円
20mg	2670円
バイアグラ     50mg  1920円
シルデナフィル 50mg	1040円
テキスト ボックス: クロンご利用料金(税込)
1万円未満     864円
1-3万円未満  1620円
3万円以上    2700円








      価格は税込です
       

シアリスについて

『ウィークエンド・ピル』
シアリス(一般名:タダラフィル)は米イーライリリー社で開発され、欧米では2003年から販売されており、すでに世界100カ国で1千万人以上の方に使用されています。世界的にはバイアグラ、レビトラとならぶ三大ED治療薬の1つです。国内でも厚生労働省の承認がおり、日本イーライリリー社から発売されました。海外では『ウィークエンド・ピル』と呼ばれている人気の高いED治療薬です。『ウィークエンド・ピル』とは週末に飲んで休み中は「いつでも好きなときに楽しめる」という意味合いです。フランス、スペイン等では、バイアグラやレビトラを抜いてED治療薬のトップシェアになっている人気薬です。
シアリスの特徴 36時間の持続効果
シアリスの最大の特徴は服用後36時間とたいへん長く効果が持続することです。でも、勃起しっぱなしと言うわけではないので、誤解のないように。36時間程度は、刺激があれば勃起するということです。服用して30分くらいで効き始めて一度吸収されれば丸一日以上と長時間作用するので、その間の食事もまったく関係なく、行為はいつでも可能という今までにない自由度の高いED治療薬です。焦りやプレッシャーのない自然体での行為が可能になるのです。
バイアグラ、レビトラとの比較
バイアグラ、レビトラはともに食事の影響を受けるので、バイアグラは食後1時間、レビトラは食後30分あけてから服用する必要があります。またバイアグラ50mgの有効時間は効き始めて3時間位、レビトラ10mgが4時間位なので、服用するタイミングを計る必要がありました。シアリスは服用するタイミングを気にする必要が全くないのが最大の優位点です。

 

シアリスの副作用 

顔のほてり、鼻づまり、頭痛、消化不良、背部痛、筋肉痛、色覚変化等があります。これら副作用の程度は軽く一時的なものです。シアリスを服用できない場合シアリス使用禁忌併用禁忌の心臓治療薬 ニトログリセリン等の硝酸剤は併用禁忌です。シアリスの併用注意薬α遮断薬:高血圧や前立腺肥大の治療薬の一部(以下、ハルナールからフリバスまで主なα遮断薬)ハルナール、カルデナリン、ミニプレス、アビショット、デタントール、ユリーフ、エブランチル、フリバス等アンジオテンシンII受容体拮抗剤:降圧剤の一部 アムロジピン、メトプロロール、エナラプリル等CYP3A4阻害剤:水虫の飲み薬他 イトラコナゾール、ケトコナゾール、グレープフルーツジュース等HIVプロテアーゼ阻害剤:エイズ治療薬 リトナビル、インジナビル、サキナビル等CYP3A誘導剤:抗結核剤や抗てんかん薬 リファンピシン、フェニトイン、フェノバルビタール等カルペリチド:急性心不全治療剤以上のように併用禁忌薬や併用注意薬が多種あるので、
個人輸入や他人にもらったシアリスを安易に服用することはとても危険です。
また、すべての方に期待どおりの効果が現れるわけではありません。

 

薄毛の治療

薄毛の治療ガイドラインでもAランクに認定されている、プロペシア・ミノキシジルの内服併用治療です。
治療効果の判定には6ヶ月間の内服が必要です。
副作用を調べるため、血液検査を行います。
保険外診療です。
治療費は30日分の処方で30,000円(税別)
初診料7,000円。

再診料、検査料はありません。

予約診療です。
お電話か、お問い合わせフォームからご予約ください。