立花クリニック

松山市立花の肛門科,内科,外科,消化器科,麻酔科 立花クリニック

〒790-0966 愛媛県松山市立花3丁目3-25
TEL 089-987-6680

※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

プラセンタ療法

プラセンタについて

プラセンタは古くから医薬品として用いられ、その効果は広く知られていましたが、詳しい成分や働きについては長い間わかっていませんでした。
しかし、近年のバイオテクノロジーの発達によりそれが明らかになり、疲労回復や抗アレルギー作用、美肌作用、抗老化作用、イライラや不安感に対する精神安定作用など、幅広い分野に効能があることがわかってきました。

 

プラセンタとは

お母さんのおなかの中で赤ちゃんをまもり、育てる役割をもった「胎盤」のことです。
胎盤はお母さんから赤ちゃんへ酸素や栄養の供給をおこない、まだ発達途中の赤ちゃんの内臓に代わって消化や排泄をしたり、病気にかかりにくくするための免疫を与えるなど、赤ちゃんがおなかの中で健やかに成長するために、プラセンタは実に様々な働きをしています。
そして、プラセンタの最も重要で驚異的な働き、それは、細胞の増殖・再生をコントロールする物質「細胞増殖因子」(グロスファクター)を合成し分泌することです。わずか10ヶ月ほどの間にたった1個の受精卵が50兆個もの細胞を持つ赤ちゃんに育つのは、ほかでもない細胞増殖因子のおかげなのです。ヒトのすべての細胞を作り出すための遺伝情報をもったプラセンタは、まさに’母なる臓器’と言えるでしょう。
そして、赤ちゃん誕生の時、胎盤は体外に送り出されます。使命を果たしたとはいえ、プラセンタはその時点でも豊富な栄養素と各種有効成分を含んでいます。外敵から自分と赤ちゃんをを守らなければならない動物のお母さんは、出産直後に栄養豊富なプラセンタを食べることで体力を回復します。自然は動物たちにプラセンタの力を教えているのです。

 

こんな方にプラセンタが有効です

私たちの体や心には、はっきりと原因のわかっている病気以外にも、どうしていいかわからない不調を感じることが多々あるものです。
どこといって具合が悪いわけではないのに、何となく全身がだるい
肌荒れがひどい
何となく気分や体調がすぐれない。
健康診断や病院の検査ではなんの問題もないのに・・・

実はこんな時こそ試したいのがプラセンタです。
プラセンタにはヒトのすべての細胞を作り出すために必要な情報と栄養素が含まれています。プラセンタの有効成分は徐々に解明されつつありますが、それらはプラセンタ特有のものが多く、ほかの物質でプラセンタの代わりになるものはありません。

 

当院のお薦め。プラセンタの美肌作用

美白 シミの元であるメラニン色素の生成を抑え、シミ・くすみを取ります。
保湿 高い保湿力で長時間しっとりした肌をキープします。
細胞の増殖再生 新陳代謝を高め、健康な肌を作ります。
コラーゲンの生成 肌の弾力を決めるコラーゲン生成をサポート
血行促進 血流を促し、健康で美しい肌を作ります。
抗酸化作用 老化の原因である活性酸素の発生を抑えます。
抗炎症作用 ニキビや赤み、かゆみなどの炎症を抑えます。
抗アレルギー作用 免疫システムを調整・回復し、アレルギー反応を抑制します。
免疫賦活作用 免疫力を高め、強く健康な肌を作ります。
アミノ酸補給 皮膚細胞の代謝を高め、細胞再生の材料を補給します。

 

当院の薦めるプラセンタの使用法

美肌・アンチエイジングを目的にプラセンタを使用される場合
1回2~3本のプラセンタ注射を週1回のペースで続けましょう。費用は2本4,000円3本目からは1本1,000円の追加費用です。疲労回復にはニンニク注射(2,000円)、美肌にはビタミンC注射(1000mg1,000円、2000mg2,000円)との併用がお薦めです。
特定の症状に対する効果を期待される場合
非常にさまざまな体の不調に大変有効なプラセンタですが、効果には個人差があります。当院では治療開始時に高密度投与法(1回5本、週2回、2週間)を行い、効果が実感できた方は1回2~3本、週1回の治療をお薦めしています。静脈注射ですので、何本使っても1回の注射で済みます。プラセンタ高密度投与法の費用:1回5本、週2回、2週間の計20本のプラセンタ使用で20,000円
詳しくは立花クリニックオリジナルホームページで

※表示金額は税別です。